外付けhddが認識しなくなった時にする事|データセーフ研究所

周辺機器

状況を確認する

周辺機器

外付けhddが認識しないという時は物理的な故障なのか、それともソフトウェアトラブルなのか見極める必要があります。前者であれば素人が修理することは出来ず、修理業者に依頼する必要が出てきます。

Read More

ソフトを使った復旧

周辺機器

外付けhddが認識しない時は復旧ソフトを用いて認識しない原因を特定したり、またデータを抜き出すことが出来ます。有料のソフトであれば初心者でも扱いやすいように工夫されています。

Read More

認識の種類

周辺機器

外付けhddが認識されないという時はまず認識がどのレベルでされないのかチェックします。例えばBIOSで認識されていて他のPCで認識できる場合はPCでのOSにトラブルの原因がある可能性が高くなります。

Read More

原因を探してみる

周辺機器

大容量のデータを沢山使用する機会が多くなってきている現代では外付けhddを利用することも多くなりつつあります。外付けhddを利用しているユーザーは非常に多い一方で、外付けhddに関するトラブルも多くあります。トラブルの中でもトップに上がるのが認識が出来ないというトラブルです。認識が出来なくなるとPCからデータにアクセス出来ないため非常にまずい状況になります。外付けhddの認識を正常に認識させるためにはまず外付けhddの状態を調べる必要があります。知識がある方なら状態を確認するだけでどういう原因で認識できない状態に陥ったのか分かりますが、素人ではほとんど判別できません。こういう時に少しでも認識出来るように最初に行う事が直前に行った行動を思い返すということです。例えば外付けhddを読み込んだ時、使用していた時に行った内容、また取り外した時の動作の様子を思い返します。外付けhddの認識トラブルに多い原因として正常に取り外しを行わなかったなどがあります。外付けhddはPCに接続している時は常にデータの読み書きが行われます。そしてこの読み書きは物理的に行っていて、内部でディスクが回転し、記録する為のアームが移動しています。例えばデータの読み書きをしている段階で急に取り外してしまうとエラーになるのは容易に想像できます。また外付けhddを利用している状態で普段行わないシステムを弄るような操作をした場合や、またウイルスが入りhddの仕様をソフトウェア的に変えられてしまったなどがあります。これら原因に当たる可能性のある事を出来る限り思い起こし、リスト化していきます。ある程度リストを出しきった所で自分で対処できるものなのか、それとも難しいのか外付けhddの販売メーカーに相談してみます。相談結果内容では業者に依頼して修理をしなければならない時もあります。