外付けhddが認識しなくなった時にする事|データセーフ研究所

周辺機器

認識の種類

周辺機器

データを保存する装置にhddがあります。hddは物理ディスクとも呼ばれていて、USBメモリなどとは異なり、使用するには大きめの電圧が必要になります。またサイズも大きく、持ち運びが難しいという特長を持っています。しかし最近では外付けhddと呼ばれるポータブルタイプが登場してきており、何処でも持ち運ぶことが出来るようになってきています。USBメモリやその他メモリに比べて格安で大容量の保存領域を持つことが出来るため常に持ち歩き、利用している方も多いでしょう。しかし外付けhddは物理ディスクなため時折認識が出来なくなる症状が発生することがあります。大容量で様々なデータを保存している事が多いので、いざ認識が出来なくなったら困り果てる方も多いでしょう。外付けhddの認識ができなくなったらまず、認識ができないというポイントに注目して見るといいでしょう。

通常外付けhddを含めhddはBIOSというハードウェアを制御するシステムに認識され、その後OSレベルで認識が行われます。BIOSは非常に簡素で強靭なシステムを持つのに対し、OSの環境は利用者の管理に委ねられてしまいます。そのためBIOSで認識できている場合はOSに問題がある可能性があります。OSに問題があるか確認するためには単に別のPCに外付けhddを接続してみると分かるでしょう。正常に接続ができていればOSのトラブルを疑います。こういう場合の修理方法は比較的簡単で様々な選択肢があるため、じっくり吟味して修理方法を選ぶといいでしょう。ただBIOSに認識されているにも関わらず別のPCに接続しても外付けhddが認識されないという時は、hddにトラブルが有る可能性があります。可能性としてはケーブル類の抜けや断線、また電源系統の故障、不良セクタによる読み込みが不可能などがあります。このような場合でもhddが物理的に故障していない限りはデータ復旧が高い確率で可能です。諦めて復旧会社に連絡してみるといいでしょう。