外付けhddが認識しなくなった時にする事|データセーフ研究所

周辺機器

状況を確認する

周辺機器

コンピューターを用いたデジタル処理が一般的に行われる現代では、処理で用いられるデータを保存するためにhddといった物理記憶装置を用います。hddは内部でディスクが回転しており、物理的に動作しています。近年ではhddも型落ちになりつつあり、最近ではSSDと呼ばれる記憶装置が登場してきていますが、まだまだ現役です。hddの弱点は何と言っても物理的に駆動しているという点です。物理的に駆動しているとなるとどうしても劣化から避ける事は出来ず、必ず寿命が訪れます。勿論hdd製造メーカーはこの特長を知った上で製造開発を行っており、そう簡単に壊れることはありません。ただし何かの拍子に故障することはよくあり、hddを使う方は必ずバックアップという作業をすることが求められます。外付けHddが突然認識しなくなったという状況はよくあることです。こういう状況に出会ったらまずはじめに行うことは外付けhddが物理的に故障しているのか、それともソフトウェア的にトラブルがあるのかを見極めることです。

外付けhddが認識しなくなったらまず音に注目してチェックを行います。hddは回転しているため動作時には少なからず音がします。認識しなくなったらこの音を聞いてみるべきです。正常であれば特別異音はありませんが、物理的故障の場合は明らかにおかしい音がします。またニオイが焦げ臭い場合も物理的故障の特有な症状です。物理的故障の場合は素人ではどうすることも出来ません。修理専門の業者に依頼する必要があり、hddの状態や容量の大きさによって修理費が変わります。物理的故障特有の症状がない場合は殆どがソフトウェアトラブルです。ソフトウェアトラブルはある程度知識があれば比較的簡単に治すことが出来る場合があります。認識できないという場合はそもそもケーブル等が断線して繋がっていないことが疑われます。またOS側にトラブルが有る場合もあります。故障しても問題がないという場合は一度別のPCに接続してみるといいでしょう。勿論ソフトウェアトラブルでも手順を間違えるとデータ消えの可能性があります。そのため慎重になるべきでしょう。操作に自信がない時は業者に相談するほうが確実と言えます。